■ふたつ目のヤマ
それは,ひとつ目のヤマからすぐにやってきます。
僕のハンドはJJ。3BBのレイズから入りました。そこでSBからオールインが入ります。チップ量は僕と同じくらいです。他は全員フォールド。
レイズからのオールインなので強いことが分かりましたが、ここで取れば一気に優勝に近づくという局面でしたので、AA,KK,QQじゃないことを祈ってオールインしました。
結果は、相手はAKsで何もヒットせず、オールイン合戦を制しSBは飛びました。
後から考えたら、この場面でのリレイズオールインは、JJでは飛ぶ確率が高かったのでいいプレーとは言いがたい、結果オーライなプレーだったかなと反省しています。

■ヘッズアップ
その後、堅実にプレーをしヘッズアップになりました。
チップ量は、35%で負けていました。
ヘッズアップは、初めての経験で勝手が分からなかったので、あの時のイメージを膨らませました。
足を組み、ニコレットの代わりにフリスクを口に含み、表情を一切変えずにブラフのレイズやオールインを繰り出す。

そうです。12月に長谷川さんと「ぼけーーーっと」ヘッズアップを観戦していた時の大川さんになりきったのです。
そうすると面白いように、相手が降りてくれてチップ量はトントンより少なめになりました。

そうこうするうちに、焦り気味の相手から「オールイン」が入ります。
僕は、コール!!
ここで、オールイン合戦を制するわけですが、緊張のせいか何を持っていたか覚えていません、、、。
ただ、ハンドが強かったことと、勝てそうと思ったことだけは覚えています。
そして、手持ちが10%ほどの焦った相手からのオールインにコールして優勝しました!!
が、これまた、どう勝ったか覚えていません(汗)

■今回得たこと
何より、今まで自分がしたことがなかった戦い方ができたことは未知の出来事でした。
ポーカー日誌の初日と比べたら、ほんと別人のようです。
この感覚でビジネスが展開できれば、いい方向にいくんだろうなぁということも肌感覚で分かりました。

そして、不思議な事がひとつ。
年末から今までポーカーの勉強は特にしていなく、ビジネスの勉強をしていたのにポーカーが強くなるというのは、全く持って不思議です。
それだけ、ポーカーとビジネスには共通することが多いということなんだと思います。

そして、今後も楽しみながら成長していくために、ひとつ提案があります。

近々、大井戸塾メンバーで、ポーカー大会を開催したいです!!
もちろん会場は、六本木のSlow Playで。

井戸さん、大川さんいかがでしょうか??

〜〜〜〜〜〜

こうして、この男の一言から大井戸塾ポーカー大会は始まりました、、、

https://twitter.com/ooidojukupoker